精密灌水施肥のご紹介

作物へ一度に肥料を与えないようにすると、多くのメリットが生まれます。必要な肥料を必要なタイミングで与えることで、収量を最大限に増やし、肥料コストを削減できます。また、点滴システムを使用して養液を与えることで、人件費や設備費を削減することができます。さらに、作物価格の下落、病気、予測不能な天候などによるリスクを管理でき、損失を減らすことができます。

 

作物の内側から養分を与える

灌水施肥では、量、肥料の調合、そして正確な供給タイミングがカギとなります。作物の生長サイクルに応じて、正確に調合した肥料と水を根に直接与えられる精密灌水施肥は、最適な根域管理ツールになります。

精密灌水施肥は、市場の変動や気候の変化などに対応して、施肥量を微調整することができるため、肥料のコストを節約できます。また、降雨のタイミングと敢えてずらすことで、施肥量を控えめにし、溶脱や地下水汚染を防ぐことができます。

精密灌水施肥システムを使用することで、圃場の立地条件にかかわらず、収量の増加、品質の向上、蒸散や溶脱の低減、肥料代の節約に期待できます。

精密灌水施肥システムの導入事例

精密灌水施肥は、作物、気候、地域にかかわらず、作物の品質向上を後押しします。以下のような用途に最適です。

作物の知識

作物の知識

当社が収益力を高めるお手伝いをします

お客さまが持続的な成功を収められるよう、当社が最良の方法をご提案します。どのような課題であっても、50年以上の経験に基づき、精密灌水を利用して収量と作物の品質を改善する方法について、最新のグローバルな情報をご提供します。

精密灌水施肥システム

肥料と水を正確に調合した養水分を適切に与えるためには、その意思決定を自動化し、正しく実行できるテクノロジーが必要です。灌水・施肥を自動化し、モニタリングが可能な“デジタル農業技術”をご活用ください。

お問い合わせ
精密灌水施肥の詳細な情報をご希望ですか?

精密灌水施肥の詳細な情報をご希望ですか?

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ