高品質のイチゴを収穫

イチゴの栽培には、ハウス内の環境、土や培地、品種による水の量など、イチゴにとって何が必要な要素なのかを知っておくことが大切です。

イチゴ生産者にとって大きなチャンス

イチゴは灌水にとても敏感です。どのような環境であっても収量を上げたいのなら、精密灌水システムをスマートに管理する必要があります。
人気の高いイチゴは、これから栽培をしようとしている人にとって大きなチャンスです。このチャンスを最大限に活用するには、開花期から成熟・収穫期までイチゴの手入れをかかさずに行い、最適な環境を保ちながら、水によるストレスをなくす必要があります。

精密灌水がイチゴ栽培の効率を変える

灌水の量とタイミングを正確に把握することで、養液を効率的かつ適切に与えることができます。点滴灌水システムは、必要に応じて水量を調節し、葉を濡らさずにイチゴの根元や地面に散水することで、水の無駄を防ぎます。これにより、萎凋病、うどんこ病、枯病などの糸状菌病害の発生を防ぐことができます。さらに、当社の自動化システムは、イチゴのライフサイクルのすべての過程でモニタリングと管理を行えるため、より高品質なイチゴをより多く生産することができます。

成功事例

精密灌水を選択された方がたのご紹介

イチゴ栽培に関するよくあるご質問

  • イチゴの栽培に精密灌水を導入するにはどれくらいの費用がかかりますか?

    費用は設備によりさまざまですが、“費用”ではなく“投資”と考えましょう。ハウスの大きさ、栽培期間の長さ、地域の気候、生長に必要な水の量、ハウス内環境の管理方法、水質によって必要となるろ過設備など、さまざまな要因を考慮する必要があります。また、イチゴのような作物では灌水施肥管理も必要になります。当社がお客さまからのご相談に応じ、最適なシステムを選択いただくためのお手伝いをいたします。

  • 他の安価な方法よりも精密灌水を選択するべき理由とは?

    栽培の技術や管理方法は、イチゴの品種によっても大きく異なります。収穫時期の長さも、品種によって、短くも長くもなります。灌水を利用して作物に養液を与える灌水施肥は、様々な農業で使われている高度な技術です。イチゴを保護するため、果実の形成にも良い効果をもたらします。精密点滴灌水はこれらの条件を満たし、水と肥料の利用効率を高めながら均一に与えられる技術なのです。

  • イチゴの点滴灌水はどのように計画・管理すればよいのでしょうか?

    イチゴは、根の90%が地中15 cm以内にあります。灌水チューブはドリッパー間隔20 cm、流量1~1.6リットル/時のストリームラインプラス16080を使用して行います。当社のマイクロ灌水システムは、全ての作物に同じ量・同じ濃度の養液で灌水するため、実を均一なサイズに揃えることができます。さらに、密閉空間にも強いため、マルチの下でも問題なく作動します。灌水システムの自動管理は、灌水施肥を遠隔でも管理できる“NMCコントローラー”を使用して行います。液肥混入システム“ファーティキット”とミキシング用のフィルターを組合わせれば完成です。当社の担当が、最適なプランをご提案・ご説明しますので、いつでもご相談ください。

何かお困りですか?

何かお困りですか?

ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

専門家へのお問い合わせ