柑橘類の木

精密灌水が柑橘類の栽培もコントロールする

柑橘類の市場では、大玉果実や高収量化が求められています。 気候変動や新鮮な水資源の減少は、柑橘類の栽培に悪影響を及ぼしています。 そのような影響を受けずに、生産水準や果実品質の低下を防ぐのが、精密灌水システムです。

精密灌水が柑橘類栽培の効率を変える

  • 作物の生長と果実のサイズを管理
    果実の生長において、水によるストレスを避けることは、生長の阻害やサイズの低下を防ぐためにとても重要です。精密灌水なら、生長に極めて重要な時期に、安定した灌水を行えます。
  • 資源の有効活用
    精密灌水で資源を無駄なく利用しましょう。水と肥料を根域に直接与えることで、蒸発や溶脱を防ぎ、無駄をなくせます。
  • いつでも、どこでも、効率的に管理
    当社のデジタルツールを活用することで、いつでも、どこからでも、灌水や作物への養液供給を管理できます。さらに、圃場の状況をリアルタイムで把握し、労力、作業の効率化で、コストを低減することもできます。
柑橘類の生産に精密灌水を利用する理由

よくあるご質問

  • スプリンクラーよりも点滴灌水を選択するべき理由とは?

    点滴灌水は、土壌の水分を最適な状態に保ち、優れた通気性を実現します。点滴灌水では、水と養分を根域に直接与えることで、スプリンクラーの灌水よりも水やエネルギーの使用量を最大40%削減します。一方、樹葉の上に散水するオーバーヘッドスプリンクラーは、蒸発や容脱による水の無駄と、雑草の生長を促進したり、高い湿度による葉病害の原因となります。

  • 柑橘類の点滴灌水はどれくらいの頻度で行えばよいですか?

    土壌の種類、生育ステージ、気候、樹齢などの多くの要因によって異なりますが、通常、重粘土では2~4日間隔で、砂質土/軽量土では毎日灌水を行う必要があります。

  • ネタフィムの精密灌水を利用するべき理由とは?

    当社には、灌水の専門知識に加え、地中海沿岸、南アフリカ、アメリカ、オーストラリア、ブラジルの柑橘類栽培地域における50年以上の実務経験があります。当社はこの経験を基に、気候、土壌・水分条件、灌水に関する個々の文化や慣習、その他の環境的制約など、幅広いパラメータに合わせた灌水システムを開発し、実施することが可能です

  • 点滴灌水システムを遠隔操作できますか?

    点滴灌水は、遠隔操作や自動化と簡単に組み合わせられ、灌水を効率化できます。また、土壌センサーや気象センサーなどの他の計測器を追加することで、収量と資源をさらに最適化することができます。当社のデジタル農業サービスに関する詳細をご覧ください。

生産者さまの声

生産者さまの声

精密灌水を利用されている柑橘類の生産者さまのご紹介

高品質の柑橘類を栽培したいとお考えですか?今すぐ当社の精密灌水をお試しください。

高品質の柑橘類を栽培したいとお考えですか?今すぐ当社の精密灌水をお試しください。

最適なサービスをご提案いたします。

専門家へのお問い合わせ