点滴灌水とは

点滴灌水は、栽培に必要な水と養分を、最も効率的に与えられるシステムです。適切な量の水と養分を、適切なタイミングで作物の根域に直接与えることで、作物が必要な時に必要な分だけ吸収するので、過不足なく養水分を与えることができます。その結果、水だけでなく肥料や燃費、さらには施設園芸用資材への出費も節約しながら、より多くの作物を生産することができるのです。

点滴灌水の仕組み

水と肥料は、「ドリッパー」という小型の装置が埋め込まれた「点滴チューブ」というパイプを通って圃場全体に運ばれます。一つ一つのドリッパーから、肥料を含んだ養液を根域に直接与えることにより、圃場全体へ均一に供給することができます。

生産者の方がたにご好評な理由

点滴灌水は、他の灌水方法と比較して高いROI(投資利益率)を実現するだけでなく、効率的かつ簡単に、生産者の方がたが圃場の運営をできるようになるためです。

  • 品質の安定した高い収量
  • 大幅な節水:蒸発・溶脱・地下浸透が発生しない
  • 100%の土地利用 - 地形や土壌の種類によらない均一な点滴灌水
  • 省エネ:低水圧で動作
  • 溶脱の発生しない効率的な肥料の使用と作物の保護
  • 低い天候への依存度、高い安定性、低いリスク

植物にも好まれる理由

人間と同じように、植物も水と養分をバランスよく摂ることを好みます。1か月分の食事を1日で食べたいと思う人はいないように、それは植物でも同様です。点滴灌水において、水と養分を少量ずつ多頻度で与えるのはそのためです。最適な生育条件を確保し、可能な限り多くの作物を生産することができます。

点滴灌水が作物の生産性を高めるのは、以下のような理由があります。

  • 水と養分が十分に利用可能
  • 植物の生長の必要性に合わせた水と養分の投与
  • 土壌が飽和状態にならず、通気性が良い
  • 肥料の過剰投与による塩分濃度の上昇がない
  • 真菌病の原因となる葉の湿潤がない

世界から求められる理由

2050年までに、地球の人口は100億人になり、十分なカロリーを産出するための1人当たりの耕地は20%不足すると予想されています。水不足も深刻化している状況を考えると、農業の生産性と資源効率の両方を向上させる必要があることは明らかです。その条件をまさに満たすのが点滴灌水です。点滴灌水により、耕地1ヘクタール当たり、水1立方メートル当たりの産出カロリーを増やすことができるため、世界の農業の経済性を変えることができるのです。

点滴灌水システムを導入することで、以下のようなメリットが得られます。

  • 干ばつや気候変動が食糧生産に及ぼす影響を軽減
  • 肥料の溶脱による地下水や河川の汚染を防止
  • 農村地域の支援、貧困の削減、都市部への人口流出の軽減

よくあるご質問

  • 点滴灌水はどのような作物に適していますか?

     

    点滴灌水を使用すれば、どのような作物でも栽培できます。トウモロコシ・大豆・サトウキビなどの露地から、野菜や樹木作物なども可能です。土壌でも、人工培地でも栽培できます。平坦地や傾斜地など、あらゆる地形にも適応します。皆さまには、作物と圃場の条件に合ったドリッパーを選んでびいただくだけです。
    当社のドリッパー・点滴チューブ製品を見る

  • 点滴灌水の効率はどれくらいですか?

    点滴灌水は、95~100%の水利用効率を誇り、最も効率的な灌水方法として知られています。これと比較して、スプリンクラーシステムの水利用効率は80~85%、湛水・畦間灌水の水利用効率は60~70%です。水利用効率は、作物の生産性、そして収量および収益性に関係してきます。

  • 点滴灌水は高価ですか?

    点滴灌水システムへの投資を検討されている生産者の方は、他の灌水方法と比較してROI(投資対効果)をご計算ください。点滴灌水は、投入資源(水、肥料、エネルギー、労力)ランニングコストを節約しながら収量を大幅に向上させるため、比較的短期間で採算が取れ、収益を増やすことができます。

お問い合わせ
圃場について何かお困りですか?

圃場について何かお困りですか?

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ