温室トマト

高品質のトマトで収益を上げる

施設トマトの栽培には多額の設備投資が伴います。 ROI(投資利益率)を上げるには、マーケットの需要を満たしつつ、1m2単位で量・質ともに高い水準のトマトを栽培、収穫する必要があります。 収益性を向上させるには、ハウス、農業技術、栽培など複合的なノウハウが求められます。

トマト栽培に最適な環境を

  • 灌水と植物栄養の科学
    環境が制御されている状態での栽培、特に人工培地を使う場合には、養水分の供給に非常に高い精度が求められます。当社のドリッパーと、養液混入装置を組み合わせることで、根域を最適な環境で管理し、収量を最大限に高めることができます。
  • デジタルツールで状況を的確に把握し、管理しましょう
    作物、培地、環境の状況を把握し、迅速に対応することが重要です。高精度の指令・管理システムを使用して、環境制御装置、灌水プログラム、養液混入装置を作動させることができます。
  • 豊富な経験とノウハウ
    トマトの栽培期間中に、正しい判断を行うことが大切です。栽培のプランについてお悩みでしたら、当社の専門家がアドバイスいたします。
トマトのための最適な条件

よくあるご質問

  • トマト栽培にはどんな温室にするべきですか?

    温室の一般的な構造としては、ガラスハウス、ビニールハウス、ネットハウスの3つに大別できます。いずれもトマトの栽培に適していますが、問題となるのは、現地の気候・求める性能・可能な投資額です。

    ガラスハウスは、主に寒冷地(積雪の多い地域)におけるトマトの生産が盛んな商業地域に適していますが、多額の投資が必要になります。ビニールハウスは多様な気候条件に適応でき、ネットハウスは、乾燥・高温の気候(雨の降らない気候)に適しています。

  • それぞれの温室や気候条件での平均収量はどれくらいですか?

    • ネットハウス:10~15 kg/m2(サイクルの短い作物)
    • ローテク/簡易ビニールハウス:年間25~30 kg/m2(10~11か月の長いサイクル1回、または約5か月ずつの短いサイクル2回)
    • 環境制御システムを備えたハイテク温室:40~70 kg/m2(10か月の長いサイクル1回)
  • 施設トマトの生長サイクルはどれくらいですか?

    短いサイクル:植え付けから収穫まで140~150日
    長いサイクル:9か月間の収穫期間を含む10~11か月の生長期間

  • ECやpHは施設トマトにどのような影響を与えますか?

    根域のEC、pH、養分濃度を適切に保つことは、作物の生長を促し、収量を増やすためにとても重要です。特に、人工培地で栽培する場合、培地の緩衝能力が低く、迅速かつ正確な対応が要求されるため、いっそう重要になります。作物の生長段階や気候など、あらゆる変化に迅速に対応できるシステムが必要です。これが成功と失敗を分ける要因になることもあります。精密灌水システムは、水だれ防止ドリッパーをベースとして、パルス灌水および専用の養液混入システム用に設計されています。このシステムを導入することで、EC、pH、養分濃度を適切な値に維持し、必要に応じて変更することができます。

    当社のトウガラシ栽培用の少し変わったドリッパーや、超精密養液混入システムをご覧ください。

  • 水だれ防止・圧力補正機構付き(CNL)ドリッパーのメリットは何ですか?

    人工培地の灌水の特徴は、灌水周期が短いことです(数分ごと)。CNLドリッパーは、潅水後のムダな水の流出を防ぎながら、都度システム内を水で満たさなくてはいけない時間をなくし、さらには灌水の均一性も向上させます。これにより、すべてのドリッパーが灌水するたびに全く同じタイミングで点滴の開始・停止を行えるため、すべての作物に等しい量の水と肥料を与えることができるのです。

施設トマト栽培に最適

ネタフィムで高品質の温室トマトを

ネタフィムで高品質の温室トマトを

トマトにとって快適な環境で栽培しましょう

専門家へのお問い合わせ