リンゴ

精密灌水がリンゴの栽培もコントロールする

サイズの均一化、色や鮮度など、数多くの管理が必要となるリンゴ。そんなリンゴの栽培に、適切な水と養分を与えることができるのが、精密灌水システムです。

リンゴ栽培用ソリューション

点滴灌水がリンゴ栽培の効率を変える

収益を最大限に向上させるシステム

  • 最適な散水
    現代のリンゴ栽培では、密植栽培が多くなっています。点滴灌水では、狭い作物の列に沿って局所的に散水を行います。点滴チューブは誘引ワイヤーなどを使って簡単に吊り下げることができるので、動物や機械による損傷を防ぐことができます。
  • 毎年安定した生産量を確保
    まさに今、どのように果樹を扱うかによって、翌年の作物の出来が決まります。精密灌水・灌水施肥で、いまある木と若枝の健康を守り、将来にむけて生産力をアップさせます。
  • 人件費の削減
    効率よく収穫するために計画性をもって灌水すれば、花と果実に対して均一に生長を促進させます。そのため、果樹園全体で収穫のタイミングを合わせることができるので、人件費を削減できます。
  • サイズの重要性
    リンゴは大きければ大きいほど高値が付く傾向にあります。生育期に灌水を行えば、理想のサイズに育つための水や肥料を与えることができます。

リンゴを幸せに育てる

  • 小さい根域ほど点滴が有利
    現代の果樹園では、コンパクトな木を育てるために矮性台木が一般に使用されています。これらの木は収量が多く、収穫も容易ですが、根域が限られています。点滴灌水で正確に水を与えるので、資源を無駄にしません。
  • ストレスのない果実
    水によるストレスは落果の原因だけでなく、生理病を引き起こし、低温貯蔵時のリンゴの回復力を低下させるおそれがあります。ストレスを減らし、収量の損失を防ぎましょう。
  • 湿度を下げて病気を予防
    リンゴ園内の湿度が高いと、黒星病やうどんこ病などの糸状菌病が非常に発生しやすくなります。点滴灌水では余分な湿気が発生しないため、防除剤散布をしなくてもよくなるかも知れません。

よくあるご質問

  • 遠隔からリンゴの灌水を行えますか?

    はい。精密灌水は、遠隔操作や自動化と簡単に組み合わせられるので、携帯電話やタブレット、コンピュータからも瞬時にアクセスができるようになります。スマート農業に関する詳細をご覧ください。

  • 点滴灌水を導入するべき理由とは?

    点滴灌水では、水と肥料を均等に供給し、風の影響や土壌表面からの蒸発を防ぐことができます。マイクロスプリンクラーでの灌水が一般的ですが、点滴潅水に比べてより多くのメンテナンスが必要になり、水の効率も劣ります。

  • 点滴システムで肥料を使用できますか?

    もちろん使用できます。さらに、使用する肥料の量を管理することもできます。世界中のさまざまな試験や成功例から、作物の生育期間全体を通じて少量の肥料を与えることで、根域付近に養分がある状態を保てることが分かっています。これは、大量の肥料を一度に与えるより効果的です。

  • 霜に関するリスクを最小限に抑える方法とは?

    霜は花と果実の両方を傷め、収量の損失につながります。そんなリスクを軽減するには、当社の霜害対策用の製品をご活用ください。MegaNet™(メガネット) による従来型の全面散水や、Pulsar™(パルサー)- GyroNet™(ジャイロネット)による局所型の散水方法をお選びいただけます。

  • 点滴灌水を利用すると、どれくらいの収量が期待できますか?

    点滴灌水と灌水施肥を組み合わせることで、40~90トン/haの収量が期待できます。南アフリカ、イタリア、イスラエルの事例では、点滴灌水を利用して120トン/haの収量が得られたという記録もあります。

生産者さまの声

精密灌水を利用されているリンゴ生産者さまのご紹介

高品質のリンゴを生産したいとお考えですか?

高品質のリンゴを生産したいとお考えですか?

こちらへお問い合わせください